空き家の相続

空き家の相続

空き家の名義を変更するための流れまとめ

売却や賃貸、解体工事。 いずれの方法をとるにしても、空き家を活用するためには名義変更の手続きが必要です。 不動産の名義変更は、正確にいうと「所有権移転登記」という手続きになります。 「不動産の登記」などといわれると、難しく感じる方も多...
空き家の相続

空き家を売る前に土地の境界をはっきりしておきましょう

不動産は所有しているだけで、税金などの維持費がかかります。 誰も住んでおらず、今後使う予定もない空き家。 そのような不動産を所有することになった場合、売却を考える方も多いのではないでしょうか。 ただ、空き家を売る前には土地の境界をはっ...
空き家の相続

空き家の名義変更を早めに行っておくべき理由とは

自宅がいずれ空き家になると思われる場合、早めに子どもや孫に名義を変更しておきましょう。 名義変更手続きがすんでいない状態で認知症になってしまうと、不動産を思うように処分できなくなる可能性があります。 空き家の処分で家族に迷惑をかけないた...
空き家の相続

空き家を自治体に寄付して活用して貰える事例とは

空き家を所有していると、何かと手間や費用がかかります。 固定資産税や都市計画税、換気、掃除、草刈りなど。 それらを考えると、「お金にならなくても、手放してしまいたい!」と思う人も多いのではないでしょうか。 実は空き家を自治体に寄付して...
空き家の相続

空き家を自由に活用するには所有権の移転登記が必要

相続や贈与で空き家を手に入れたら、「所有権の移転登記」をすませておきましょう。 いざ活用したいと思っても、その手続きがすんでいなければ自由に活用できません。 ここでは不動産の移転登記の持つ意味についてご紹介していきます。 不動産の所有...
タイトルとURLをコピーしました